雨の日に洗車するのはあり?メリットとデメリット

洗車はよく晴れた日に行うという方が多いかと思います。たしかに天気の良い日は洗車していても気持ちが良いですし、乾燥も早いため洗車に適していると言えるでしょう。

ですが、あえて雨の日に洗車するという選択肢もあると思いますか?雨の日の洗車について、メリットとデメリットを確認していきましょう。


雨の日に洗車を行うメリットとデメリット

まずメリットについてですが、実は雨が洗車をしやすくしてくれるのが最大のメリットです。水洗いをする前から、雨水によって車が濡れている状態ですので、しつこくこびりついた汚れが浮き上がって落ちやすくなっています。

さらに車の上部分から下部分へと雨が流れることで、ちょっとした汚れなら洗車する前から流れ落ちています。

結果的に洗車の時間を短縮でき、汚れも比較的簡単に落とせるので、晴れた日に比べて作業にかかる負担が減らせるのです。短時間で簡単に洗車できてしまうというのが雨の日のメリットなのです。

ただ、デメリットもあるので注意しましょう。雨の日の場合、洗車が終わった後も屋外での乾燥は難しく、車庫に入れるなど雨が当たらないようにしてから自然乾燥、もしくはタオルなどで水を拭き取る必要があります。

車が乾くまでにどうしても時間がかかってしまうのです。



雨の日の洗車はコーティングできないことに注意

洗車の後にコーティングするというケースも多いと思います。コーティングすることで傷や汚れに強くなり、愛車を保護できるのでこまめなコーティングは欠かせません。

ですが雨の日の洗車の場合、コーティングはできないので注意しましょう。コーティングを塗布した後は乾燥させる必要がありますが、雨が降っているので当然、乾燥もできません。洗車だけを済ませて、コーティングの塗布作業は後日晴れた時に行うといった形になってしまいます。二度手間になってしまい面倒なので、コーティング作業も行いたい時は洗車も晴れの日を選ぶようにしましょう。


まとめ

雨の日は意外と洗車に向いています。雨がある程度の汚れを落としてくれ、さらにしつこい汚れも落ちやすくなっているので愛車を綺麗にするには最適です。

その一方で拭き取りが大変、コーティングができないといったデメリットもあります。晴れた日の洗車と合わせ、状況や目的に応じていつ洗車すれば良いのかを考えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


雨の日に洗車を行うメリットとデメリット

まずメリットについてですが、実は雨が洗車をしやすくしてくれるのが最大のメリットです。水洗いをする前から、雨水によって車が濡れている状態ですので、しつこくこびりついた汚れが浮き上がって落ちやすくなっています。

さらに車の上部分から下部分へと雨が流れることで、ちょっとした汚れなら洗車する前から流れ落ちています。

結果的に洗車の時間を短縮でき、汚れも比較的簡単に落とせるので、晴れた日に比べて作業にかかる負担が減らせるのです。短時間で簡単に洗車できてしまうというのが雨の日のメリットなのです。

 

ただ、デメリットもあるので注意しましょう。雨の日の場合、洗車が終わった後も屋外での乾燥は難しく、車庫に入れるなど雨が当たらないようにしてから自然乾燥、もしくはタオルなどで水を拭き取る必要があります。

車が乾くまでにどうしても時間がかかってしまうのです。

 

雨の日の洗車はコーティングできないことに注意

洗車の後にコーティングするというケースも多いと思います。コーティングすることで傷や汚れに強くなり、愛車を保護できるのでこまめなコーティングは欠かせません。

ですが雨の日の洗車の場合、コーティングはできないので注意しましょう。コーティングを塗布した後は乾燥させる必要がありますが、雨が降っているので当然、乾燥もできません。洗車だけを済ませて、コーティングの塗布作業は後日晴れた時に行うといった形になってしまいます。二度手間になってしまい面倒なので、コーティング作業も行いたい時は洗車も晴れの日を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まとめ

雨の日は意外と洗車に向いています。雨がある程度の汚れを落としてくれ、さらにしつこい汚れも落ちやすくなっているので愛車を綺麗にするには最適です。

その一方で拭き取りが大変、コーティングができないといったデメリットもあります。晴れた日の洗車と合わせ、状況や目的に応じていつ洗車すれば良いのかを考えるようにしましょう。